雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 7さいの男の子とパパママの日々。

外出の必需品と、いらなかったもの。

普段、カジュアルなお洋服はあまり着ないのですが
さすがに子連れの荷物の多さに耐えかねて
秋の小物はめずらしくカジュアル系を買いました。
b0021865_21263596.jpg
軽くて薄くてぺたんこで、短めにくしゅっと履くグレーのスエードブーツと。

b0021865_2127268.jpg
それから、repettoの大きなトート。
repettoはもともとフランスのバレエ用品メーカーなので、いつも利用しているバレエショップにたくさん揃っていて安く買えました♪
リボンのところには透明なハートのチャームをつけました♪

身につけるモノはとにかく軽いことが今の外出には必須条件で、必需品です*


逆に。

こども用のものは生まれてから購入するのが良い、といろいろなところで耳にしましたが、ほんとうにその通りなようで
出産前には想像しなかった問題がいろいろ発生し、既にあまり使わなくなっているものがいくつかあります。。。;;


①マザーズバッグとして使う予定だったシープスキンとレザーのバッグ。

コンサバなものが好きなので、マザーズバッグは革製品がいいな。。。と思ったのですが、売っているものはナイロンやキャンバスが多くて見つからず。
しかたがないので、マザーズバッグではないけれどおおきくて使えそうな商品を、身体の重いなか表参道と伊勢丹を歩き回って購入したのですが。。。
シープスキンのほうは軽いけれど微妙に小さく、レザーのほうは大きさはちょうどいいけれど微妙に重かった;;

新生児子育て中は、repettoのような布製品のほうが断然よかったです。軽いのはもちろん、病院に行ったあとバッグを消毒したいときにも、布はお洗濯しちゃえばいいので楽。
皮革製品はいちいちクリーナーで拭いて、タイヘンです;;
革製品のマザーズバッグがあまり売りだされていないのも当然のことでした。。。;;


お気に入りのバッグなのでそのうち使うけれど、
少なくとも3か月を過ぎるまでは、クローゼットの中で眠り姫の予定です。


②だっこひも。(ニンナナンナ)

無駄ではないのですが・・・なくてもよかったかなと思います。使ってみなければわからなかったことなので購入したのは仕方がなかったのですが。

ナマだっこのほうが心地よいようで、だっこひもでは1時間くらいでぐずりはじめるのであまり長い時間使えません;;
そして体力がなさすぎるこいは、おでかけをしているあいだだっこひもを肩にかけておくだけの体力がなくて、、、ますます使えません;;
普段そんなに重いものは持つ機会がないので想像がつかず、乳児の重さを甘く見ていた。。。!

外出はじじちゃまにだっこしてもらうか、ストローラーを使うかしなければいけなくなっています。
購入してあるアップリカのストローラーは首が据わる3か月からのものなので、結局あと数カ月間、コンビのメチャカルファーストをレンタルしました;;
メチャカルファースト、軽いし、すぐたたんで車にポンできるし、シートを倒すとよく眠ってくれて鬼のようにベンリです。
ギシギシする&たまにタイヤが思わぬ方向に進んでしまうという点で走行の不安定さはある気もしますが、こんなことは重い乳児やストローラーを運んで体を壊す(特に腰痛になる)事態を避けられるのに比べたら些細すぎる欠点に思われます。

体力に自信のない方は、絶対に新生児用のストローラーも用意することをオススメします。
5kgのものを持って1時間歩いていられるかどうかが、3か月までだっこひもで事足りるかどうかの目安かな?と思います。
[PR]
by rosedance | 2010-10-25 21:27 | *Powder*