雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 7さいの男の子とパパママの日々。

晴れた夏やすみ。

b0021865_121616.jpg
(この夏いちばんの思い出、海遊館お泊り!ジンベイザメとウミガメの水槽前で眠り、飼育員さんと朝食*)

こうさぎは夏休み。
相変わらず引っ越しの可能性があるので、荷物を最小限に断捨離しつつ過ごす。
まいにちたいへんだけれど、一緒にいられる時間が長い分
こうさぎの課題に思っていたこともいろいろと消化できて、良い時間になっている。


●水泳
本人の希望で2週間の夏期集中特訓。
幼稚園のお友達も一緒。

顔つけができなかったが、1週目の最終日にできるようになって
自信になった様子。2週目も大喜びで通う。
水泳が大好きになってくれてよかった♪

通常クラスにも通いたい~とせがまれる。
けれど7月から体操と幼児教室の習い事を追加したばかり。
くもん、ヴァイオリン、体操、幼児教室・・・
くもんは週2なので既に平日5日分うまっている。
英語もしたいのをがまんしてうさうさが教えている状態・・・
習い事、できる数には限りがあるので悩むわ。。。


●くもん
さいきん算数5枚を30分もかけてやるようになり、どうしたものか気になっていた。
うちは勉強は自分でさせる方針なので放置していたのだけど、
ある日あまりに見かねて
「解答するという行動にもリズムがあるのよ」
と教えてあげたらポンポンできるようになり、8分台になった。まぁこれなら、及第の範囲。
こういう普通のことも教えてあげるほうがいいのか・・・。
なんでもないきっかけで変わるのでこどもって面白い。


●行動
幼稚園の夏休み前の懇談。

「自分の好きなことをとことんやり続ける」
「先生の話にグイグイ割り込む」
「行動が早すぎてほかの子を待てない」
「基本的な声が大きすぎ」

早い話が「前へ前へ出すぎでヤバいです」というようなことをマイルドに指摘され、
予想していたことだが改めて頭を抱える。
子育てまる4年、ずっと悩んでいる点ばかりだが改善されないのだ。

するとうさうさが言った。

「こうさぎの脳は俺と同じだと思うんだ。
ていうことは、何かしてしまった時にその場その場で注意を言われるよりも
注意しなきゃいけないことをまとめて構造化して一度に言ってもらったら頭に入るよ。」

「えー・・・?」

「ほんとだよ~・・・」

私が疑うのには理由がある。
どんな子育て本でも幼児にはダメなことをしたらその場でひとつひとつ叱るのが効果的で、
後で叱るのはカス親みたいに書いてあるのだもの。
一度にいくつもまとめて注意するのももってのほか、と書いてある。

けれど子育て本の通りに躾けて4年、結果は出なかった。
うさうさの言うとおりにしてみようか。

藁をもすがる思い。
こうさぎが日々留意すべきことをまとめて一気に言ってみた。



餅は餅屋なのね・・・。

その日から楽になった。全てが。

こうさぎもしんどかったのだろうと今はわかる。
こうさぎにとっては一番非効率的な方法で躾けられてたっていうことだもの。

幼稚園という場所でこれが継続できるかが今後のひとつのマイルストーンになると思うが
まずは家庭で出来たことは大前進!

うさうさによると、うさうさの思考は人とちょっと違うのだそうだ。
一般的な思考を基準に作成されている教育法はあまり意味がないので
学校はつまらなかった、という。
こうさぎも学校にははまらない可能性があるが
うさうさを見れば思考力一本でゴハンを食べることができているという事実の通り、
社会に出れば人と違う思考がむしろ役に立つから心配する必要はないという。


だとすると私がすべきことは決まっている。

・あまり常識と照らし合わせて悩まない。
・困ったことはうさうさに回す。

うさうさ・・・
イクメンとはいいがたいけれど、いいパパになってくれて本当に助かってるよ~
ありがとう!!
[PR]
by rosedance | 2015-08-06 11:49 | *Cousagi*