雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 6さいの男の子とパパママの日々。

久しぶりに東京で暮らします

b0021865_21483975.jpg
お友達のところに預かっていただいていたこうさぎを仕事終わりにピックアップして新幹線に飛び込み、大阪を離れ・・・品川まで迎えに来てくれたうさうさと家へ。
そして翌日引っ越し屋さん3人がかりで開梱9時間。やっと片付きました(寝られる程度に)。
東京なのでお部屋の広さはあまり期待せず、、、けれど窓だけは大きいのが好きなのでこの家にしたら、
今までのカーテンの長さが足りなかった。
新しいカーテンが届くまで、寸足らずのカーテンで過ごす。。。;;

しかしやっと引っ越しが終わったのだから、このくらいは目をつぶりましょう。

引っ越すにあたり、私は仕事を任期途中でやめることになりそうだった。
けれど学長のご配慮で、任期途中でやめるのは今後のためにもよくないからと
最後まで勤務できるように講義だけ繰り上げて済ませ、あとはネットでこまごましたことができるように配慮してくださったのでした。

そのため仕事と引っ越し準備で空前絶後の忙しさだったのだけど
その間こんどは、大阪のママ友たちがこうさぎを預かってパーティーをたくさんしてくださった。
おかげさまでこうさぎはさみしさ最小限で、引っ越すことができました。

雇ってくれた大学、
大好きなママ友たち。

最初は1年間ほどあまり友達ができず、、、
しかし幼稚園に入ってから人生観が変わるほど人に恵まれて、夢のような3年間でした。

こうさぎのちいさなおともだちからは。
お手紙とプレゼントでスーツケースがいっぱい。

兄弟同然の親友、
大好きな4人きょうだい、
男子で「けっこん」した3にんぐみ、
幼児教室のおもしろすぎるメンバーたち。
毎日一緒だったバス停のおともだち。
幼稚園で愛を誓い合った女子(複数)男子も若干名・・・;;

シスターは「ムードメーカーがいなくなるとさみしくなるわね。」ぽつりとおっしゃり、
ハムスターが大好きなこうさぎのために縫ってくださったちいさなぬいぐるみの子をくださった。
しばらくはこの子だけがともだちね。


引っ越してから、まだ一歩も外に出ていません!

明日こそこうさぎとおうまの公園にお散歩にいく約束。

大阪のお友達にお手紙を書きつつ、
年末年始でゆっくりするよていです。
[PR]
by rosedance | 2015-12-25 23:19 | *Amenoniwa*