雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 6さいの男の子とパパママの日々。

きょういくしょうぎ

b0021865_7201642.jpg
こうさぎのお友達が食事会にオセロを持ってきてくれた。

ものすごく面白がり、家でも5年以上使っていなかったオセロ盤を引っ張り出し遊んでいたけれど、、、
パターンの決まりやすいオセロ。
より複雑なルールにしたいのか、あれこれと独自のルールを付加してわけのわからないゲームにしてしまうこうさぎ。

それでうさうさが くもんの『きょういく将棋』 を見つけてきた。

どハマり。

駒に進みかたが書いてあるので、すぐにできる。

私もルールを覚えて初めてやってみたが、こうさぎに勝ったり敗れたり;;。

子供は強くなるのが早い!

私がまだあやふやな、最初の駒の並べ方も一度で覚えてしまった。
廊下を走らない!なんて大事なことはすぐ忘れるのに(汗)遊びは別腹である。

それに、

将棋には弱いが「3月のライオン」愛読者で無駄に将棋界ニュースにだけ詳しい私が
「そういえば、今年14歳(?)のおにいちゃんが最年少でプロになったの~」という話をした。

将棋は何歳でもプロになれて、勝てばお金がもらえる。こどもでも!

ということを知ったこうさぎ・・・
やる気は最高潮に!!!

「しょうぎのれっすんに行かせて!!!」

大興奮!!

うさうさと相談して、パパに勝てるようになったら近所の将棋教室へ入れてあげるよ、と言ってあげた。
本人は既に「千駄ヶ谷なら自分で通える!」と、奨励会に入り、最年少で4段になることを夢見ているw。

こうさぎはお金に非常に興味があり、なんだかいやしいが(笑)
偉いのは、そのお金の出所がいつも「自分」であること。
そしてヒマがあれば税務署に行き、開業について調べて準備している。
自分で稼ぎ、納税する意気込み・・・これは健全な趣味だし、伸ばしてあげたい。

実は受験本番の行動観察で「お店屋さんごっこ」が課された学校があり、
こうさぎは日頃蓄えた趣味知識を生かして店に様々な工夫をして唯一行列ができ、
先生を驚かせて得点に一役買ったよう。

その話を聞いて、どんな趣味もバカにしちゃいけないのね、と思ったw。
人生何が役に立つかわからないわ・・・;;


家にはまだ、「よんろのご」がある。
デザインがかわいいというただそれだけで買っておいたもの。

こちらも使ってくれないかしら。
[PR]
by rosedance | 2016-12-08 22:51