雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 7さいの男の子とパパママの日々。

勇気に満ちた発表会

b0021865_533206.jpg
先日ヴァイオリンの発表会があった。
こうさぎが2曲出演するので、一曲はソロだけど、もう一曲はママが後ろで一緒に二重奏でちょちょっと演奏してね。というお話で裏方気分でのんきに過ごしていたら、こうさぎは受験で練習が間に合わなかった!!!

練習できたのはソロ曲のみ。
しかしパンフが刷り上がってしまっていたので
練習できなかったほうも取り消せませんよ、
しかたがない。

と、当日先生がアナウンス。




「二重奏訂正。ヴァイオリンソロ こうさぎママさん。」



・・・どうしてこうなった。。。(/--)/

発表会に「大人なのに」出る人は、私のように子供の二重奏のためか、

めちゃくちゃ上手な人だけ。(子供たちのお手本になるほどの。)

ぷぉお~と鳴らすのが関の山の大人が、ドレスだけは素晴らしいものを選び、お辞儀だけ一流で出る・・・




地獄絵図。


しかも最初の音をめっちゃ外す。




聴きに来ていたうさうさは

「あのレベルで人前に出るということは、ものすごい勇気だね。
さすがママは人前に出ることに慣れている。
どんなことでも誰かのために人前に出るということは素晴らしい。
感動したなぁ。」


・・・

・・・いいの。
いいのよ。素晴らしい厄落としだったわ。


こうさぎは上手に弾けた。
がんばったね!
[PR]
by rosedance | 2016-12-24 05:57 | *Amenoniwa*