雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 6さいの男の子とパパママの日々。

良いお年を

b0021865_2392058.jpg
決して夏の写真ではないのです。
この写真は今朝なのです。半袖ですが。

こうさぎ、ばばちゃまのお庭で竹を割って切って念願の手作り流しそうめんをしたのでした。

木こりも竹の中の節を抜くのもじじちゃまに手伝ってもらって全部じぶんで作成。
ちょうどよいので冬休みの工作として写真に収めました(笑)

すっごーくおいしかったよ♪ごちそうさま♪


午後はわたしが小さいころに通っていた駄菓子屋さんにこうさぎとイトコのふーみる2さいを連れて行った。

なんとなく各自に200えんあげる。

ふーみるはトミカにしか興味がないのでまったく買わない。
あれこれ手助けしてやっと70えん買ったら、
おみくじガムで50えん当たり、
結局差し引き20えんしか使わないふーみる。。。

いっぽうこうさぎはすーぱーぼーるのくじをいっぱい引きたくて
200えんギリギリ。

すると


「買いすぎじゃないかねっ!」


とお店のじぃじにたしなめられた(私が)w。

変わらないわ。
ご夫婦でこの駄菓子屋をされていて、
ばぁばのほうは使いたいように使いなさい♪というかんじだが、
じぃじは100えんを超すとキラリと目を光らせる。

足りるかな。
どれもほしいけれど、どれを選ぼうかな。

こどもが自分で考える世界を守ってくれるじぃじなのです。

えへへ~と冷や汗をかく。大人になって200えんで叱ってもらえるとは。
でも、そうなのよね。
こどもって100えんでいいのよね。

かつて息子さんに月50万円のお小遣いを渡していた女優さんを思い出し、
まるで単位は違うけれど根本的に同類なことをしていた気がして恥ずかしく思う。

じぃじはお店の外まで出てバイバイしてくれた。

「またくるねっ!」
とすっかり常連気分のこうさぎ。

大みそかのご挨拶をして、帰宅した。
また行こうね。
[PR]
by rosedance | 2016-12-31 23:42 | *Amenoniwa*