雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 7さいの男の子とパパママの日々。

広い世界を

b0021865_06571217.jpg

この週末いろいろな場所へ遊びに行き、こうさぎは2回迷子になった。

多い。
1日一回の割合だもの。

一度目は、6才にもなってどういうこと!?なんて思っていた。
しかし2回目で理解した。


この子は自分の意思で迷子になっている!!!


顔でわかる。困ったような、ばつの悪そうなかお。
確かめたら、ビンゴ。
「お友達ともっと話したかったから」
「どうなってるのかいつも気になっていて、こっそり行ってみたの」
ママに見に行ってと言ったら、いいから早く行きましょと言われるものね。きっとね。そうしたと思うもの。あなたもそう読んだのよね。

親のコントロールの先の、広い世界を見てみたくなっている。
そんなこうさぎ。
心理学で言う゛安全基地゛にいることが幸せな時期からは完全に脱した予感。
だってセキュリティのGPSを
「どこにつけるの?外せるの?」
とニヤニヤ聞いてきたもの!!

「手術してお腹にうめる?空き枠があるか聞いてみようか。」
と言ったら黙りこんだ今のうちはまだいいが。

4月から小学生。
通学用パスを使えばどこへだって行ける。
何から教えればいいのか。

悩む。





[PR]
by rosedance | 2017-02-06 06:38 | *Cousagi*