雫の熱は奪われて狭いオーロラに溶ける 6さいの男の子とパパママの日々。

すてきなヨシオカ

b0021865_01370928.jpg
帰省中にもかかわらず、雨続き。
子供たちが遊べなくてウネウネしている(^_^;)

以前帰省したときも外で遊べないお天気が続いていて、するとノエくん(弟)が
「ヨシオカで遊ばせようか。」
と言いはじめたので腰を抜かした。



イヤイヤイヤ…(;´д`)


ヨシオカというのは高知市で有名なプラモデル屋さん。
私たちきょうだいの小さい頃よりずっと前からあり、店構えもかなり古い。

私は女の子だからあまり行くことはなかったが、男の子にとっては飛行機からロボットまでありとあらゆるプラモデルで埋め尽くされていて夢のようなところだったろうと思う。

おちび3人(こうさぎ、ふーみる、ぴっぴ)全員男子だし喜ぶには違いないが、
たしか10坪くらいの小さな店舗で、サザエさんに出てくる三河屋さんより小さいくらいのイメージ。アンタッチャブルなプラモデルが左右に積まれた通路は人ひとり通れるくらい。

そんな場所で、元気が過ぎるこうさぎ、走り回る魔の3歳児ふーみる、狭い通路を破壊しかねない巨大ベビーカーのぴっぴ(1歳)を遊ばせる!?

どう考えても存在自体がテロ準備行為になる3人組は いかんよ…(;´д`)」

ノエくんをそっとたしなめると、

「でも、ちいさいこも遊んでいって下さいね(^∇^)っていう雰囲気だし」

「えっ(どこが!!)」

「ふーみるとぴっぴ連れてよく遊ばせてもらってるけど(・∀・)」



なんと…!!(/ロ゜)/
お店の方はさぞ大変だったのでは…!?
口をあんぐりしていたら、


「あれ?ヨシオカあたらしくなってるよ。知らなかった?」

!?

「そうなの?」

「建て替えしたんだよね、少し位置も変えて広くなったし」

「そうなんだ…」

なーんだ、良かった。
とはいえ多少広くなってもこの3人組を収容するのは無理が…と思いながら到着したのは



モデルショップヨシオカ
http://www.rc-yoshioka.com/

こちらのページの背景があたらしく建て替えられたヨシオカでした。
http://www.rc-yoshioka.com/shop.html


素晴らしい近代建築のビル。


サイズも建築デザインも私の知ってるヨシオカじゃない…(汗

なんか…ヨシオカに久しぶりに来たのになつかしくない…(汗

ヨシオカ…!

かなしいような、楽しみなような気持ちで入ると、インテリアから品揃えまで素敵としか言い様のないお店。

2階はこども用のおもちゃ。ノエくんの言ってた通り、乳幼児でも遊べる木のおもちゃや乗り物のプレイスペースがあり、昔はなかった(多分)女の子向けのおもちゃもたくさん。
それに、たいていのものは手に入るはずの東京でも見たことのないおもちゃがたくさんある。

3階に行くとプラモデルが積んであり、少しだけかつてのヨシオカっぽい。


あれもこれも欲しがる子供たちをなだめ、しかし親の私たちもいろいろと欲しくなってみんな好きなものを一つずつ選び、お店で遊んで帰ったのでした。


それでまた今日もヨシオカに行こう、ということになり、こうさぎは以前から興味のあったミニ四駆を購入。組み立てて、お店の常設サーキットで走らせていただいた↑。

ほぼ貸し切り⭐

こうさぎ、楽しかったね!

[PR]
by rosedance | 2017-04-07 14:31 | Comments(0)